« eclipseにClayとかめも | トップページ | CD-Rの買い方 »

RAIDってなに

といまさらのめも。

Redundant Arrays of Inexpensive Disks
別名:ディスクアレイ
複数のハードディスクをまとめて1台のハードディスクとして管理する技術。
 データを分散して記録するため、高速化や安全性の向上がはかられる。専用のハードウェアを使う方法とソフトウェアで実現する方法がある。高速性や安全性のレベルにより、RAID-0からRAID-5まで6つのレベルがある。

http://e-words.jp/w/RAID.html

だそうだ。。。

RAID-0 は別名ストライピング
   ストライピングはRAIDではないとする立場もある。(やっぱりな)

RAID-1は別名ミラーリング
  最初から ミラーリングっていえよなー

RAID-2
実用化されていない

RAID-3,RAID-4やらもあるが、RAID-5がもっとも普及しているそうな
なるほどな

ふーむ。。。

ハードウェアとソフトウェアでやるのがある

ぶひー

|

« eclipseにClayとかめも | トップページ | CD-Rの買い方 »

Linux」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RAIDってなに:

« eclipseにClayとかめも | トップページ | CD-Rの買い方 »