« Tomcatの自動起動ではまる | トップページ | updateActionListener »

rpmパッケージのPostgres

未知の領域だあ

Linuxで自宅サーバ
をみつつメモ

一番最初にrc.dのスクリプトから起動すると、初期化とかどるるるとやってくれるらしい
OSと一緒にいれたのでpostgresユーザーがもうあるのでパスワードを設定して
postgresユーザーではいってみる
でけている。
DBもつくれる

外からODBC接続はつながらない。
iptablesにポート番号を指定して
あいたーつながったー

うーむ。いまはこんなかわいい(?)表紙なのなー。。

ディレクトリ
/var/lib/pgsql
がホームで
/var/lib/pgsql/backups/
/var/lib/pgsql/data/
とかあり
設定ファイルは
/var/lib/pgsql/data/postgresql.conf
/var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
とか。

PostgreSQL 徹底入門 8対応 PostgreSQL 徹底入門 8対応

著者:永安 悟史,石田 朗雄,浅羽 義之,稲葉 香理
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Tomcatの自動起動ではまる | トップページ | updateActionListener »

Linux」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: rpmパッケージのPostgres:

« Tomcatの自動起動ではまる | トップページ | updateActionListener »