« Perl DBDとかDBI-Pgのインストール | トップページ | MyFacesでファイルアップロード »

シェルについての頭の痛いめも

Linuxでshというのはすなわちbashであるそうな

Soralisでshというのは、本当のぴゅあなshで
Linuxでshだばーいと思って書いていたシェルスクリプトは
Soralisにもってくと動かなくてあっちょんぶりけということになる

bashもshもBシェルという系統で、bashはshの多機能版であるらしく
cshは全然違うものである

シェルスクリプトについてぐぐるときはその辺を頭にいれて

そういえば始めてシェルかかなきゃいけないのかしらと思ったのは
Sunであった。しみじみ。
書こうとしても全然書き方がわからなくて泣けた(T_T)

今は昔である
いまだにシェルはかけないが


       UNIXシェルスクリプト逆引き大全333の極意―Linux,FreeBSD,Solaris,Mac OS X対応              UNIXシェルスクリプト逆引き大全333の極意―Linux,FreeBSD,Solaris,Mac OS X対応

著者:中橋 一朗
販売元:秀和システム
      Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« Perl DBDとかDBI-Pgのインストール | トップページ | MyFacesでファイルアップロード »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4757/52354

この記事へのトラックバック一覧です: シェルについての頭の痛いめも:

« Perl DBDとかDBI-Pgのインストール | トップページ | MyFacesでファイルアップロード »