« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

「まだまだ踏み切れないのかも」

212頁より

「・・・JSFの導入には、まだまだ踏み切れないのかもしれない。」

だそうですよ。

へー。

Spring2.0入門 Java・オープンソース・Web開発自由自在 Book Spring2.0入門 Java・オープンソース・Web開発自由自在

著者:株式会社豆蔵,長谷川 裕一,岩永 寿来,伊藤 清人,大野 渉,麻野 耕一
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競合他社製品

あるシステムをつくっているのだが

あまりにもいろいろすでに他社製品があるので

へこんできた。

これをはっちゅーしてきたひと(社内)は
他社製品を見たうえで作れていっているんだろうか?

Javaの勉強で終わってしまいそうだ。

まあそうとおもえばいいんだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブサービスとか

いまだわかんないですけどりんくしておく

ホットペッパー
楽天
Amazon:有名だが
Google
はてな
価格.com
Yahoo


 

「Webサービス」という既存のかなりありふれた言葉からできた言葉なので、実は情報がめちゃくちゃ探しにくい。
これ失敗だよねー


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ssh-keygenとかとか

バックアップをとるのに「SCPだからSSHでかぎ交換しなきゃ」とか魔法の呪文をいろいろくりだされて
げりぴー風邪をかかえつつぐぐりまくり

パスワードをきいてこずにSCPを実行できる何かができるらすぃよ

さがしまくっていろいろ見て
http://www.turbolinux.co.jp/support/document/knowledge/152.html
で整理される

クライアント側:ssh-keygen で公開鍵を作る
できた鍵 ほげ.pub
を、サーバ側の .sshにおく(ここは普通にSCPで転送する)
サーバ側の.sshの ほげ.pub を authorized_keys に追加する

「authorized_keys」か「authorized_keys2」だかは
/etc/ssh/ssh-config とかでどっちかどれか確認する

authorized_keys は touch して 600にする

クライアント側にもどって

ssh hoge@hogeserver

とうったら、パスワードをきかれずにすぱっとログインできる。

こりゃすげえ

つーかこれしらべるのに3時間ぐらいかかったぜおい。

ファイルをおくるには

scp 送るファイル hoge@hogeserver:/home/hoge/tmp

hogeserverのあとの「:」を忘れると、自分とこに何かできている(笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

賀正。

臥薪嘗胆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »