« [Ext JS 2.0.1] Ext.Ajax.requestでwaitMsgがない | トップページ | 指定のオーナーで接続するには »

[Ext JS 2.0.1] ストアとグリッドのの描画の順番

ストアとグリッドの描画の順番

グリッドのカラム数が決まっている場合は、
グリッドを描画=>ストアをロード

グリッドのカラム数がストアの結果による場合は
ストアをロード=>ストアのコールバックでグリッドを作成して描画

IE6などのグリッドの場合、ヘッダーがぴゅっと消える場合がある
2.0ではスタイルシートの変更で回避できていたが、2.0.1はできなくなっていた。

これは高さを設定すると回避できる
高さが可変の場合は、ストアのコールバックで、グリッドのsetHeight(22*ストアのカウント+100)とかてきとうに余裕を持たせて設定する
グリッドの1行は22ぐらいだが、IEとFireFoxではなんかちがうので余裕は必要
グリッドで行追加や行削除をする場合は、そのつど同じようにストアの結果件数から高さを設定するとよし

|

« [Ext JS 2.0.1] Ext.Ajax.requestでwaitMsgがない | トップページ | 指定のオーナーで接続するには »

Ext JS 2.x」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4757/10191039

この記事へのトラックバック一覧です: [Ext JS 2.0.1] ストアとグリッドのの描画の順番:

« [Ext JS 2.0.1] Ext.Ajax.requestでwaitMsgがない | トップページ | 指定のオーナーで接続するには »