« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

何から学ぶか

いま『やさしいJava』という本でJavaを教えている
一番売れている本らしいが

プログラミング初心者に対してもこの本ではまだたりない
最初はいいかなあと思っていたが
すすめているうちにだんだんなんか違うかんがつのってきた

なんでだろ・・・

どっかに書いていた気がするが
Javaはやはり一番最初にクラスをしったほうがいいとおもう
HelloWorldをかくにも、クラスをつくって、そのなかにメソッドをかいて、出力しているということを、形式として知った方がいい

クラスがモノに着目した云々は関係なく
HelloWorld.javaという拡張子のテキストエディタで書けるファイルのなかには、
class HelloWorld{} とかいて、中括弧のなかにすべてかかなければならないこと
mainメソッかいて、sysoutをかかなければならないこと

そういう手順をむずかしいとかややこしいとか教えることも無い
白紙の状態ではそれしかないのだから

そういうもんだと、何も知らない初心者の人はまず書き方をおぼえないと
何もその先へすすめない

世の理系の人は、文系の人がIT業界に入った時点の何も知らなさを想像がつかない
逆もまた然り
それは勉強してきたこと、経験してきたことが違うから当然なのだが
だから理系の人は文系の人に教えるのはむずかしいし
たとえ文系出身の人でも、本を書けるくらいまで知識がついてしまうと
一番最初にどうだったかはなかなか思い出せない
子供の頃の記憶があいまいなのと同じように

会社でやる教育というのは、やはり学校教育とは違う
本質は理解してほしいが、順序はどうでもいい
まずは書き方
消化不良でも丸呑みして模倣のように実装し
その行為に慣れてきたら自然と本質を理解したいと思うようになる
と信じている
というか、そう思うようにならなかったら
はじめて「向かない仕事」とわかると思う
まあ、向かない仕事でも食っている仕事かもしれないから

やさしいJava 第3版 (やさしいシリーズ)BookやさしいJava 第3版 (やさしいシリーズ)

著者:高橋 麻奈
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

double型のゼロ割

例外が発生しなくて
Double.POSITIVE_INFINITY
がはいる

ってほんとうですかーーー

本当らしい。

仮説:doubleのゼロはほんとのゼロじゃないから

ふーむふむふむ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人研修のおちこぼれ

おそろしく頭の悪い子がいた

頭が悪いというのは間違いなのかもしれないが
自分の速度、やり方でしか学習できない子だ
こういう子は残念ながら集団教育ではおちこぼれてしまう

マンツーマンで教育できればいいのだろうけど
でもここは会社だ
そういうことができない会社だ
自分はその子にマンツーマンで教えるのが仕事ではなく
全体的に講義を進めることが仕事だ

これが先生のジレンマかしら
とか適当なことを思う

ぶっちゃけ会社的にはきびしい
くいついてこないと困る
だって男だし(性差別)
新人研修の間やさしくしてもその先かまってくれる人いないしね

きびしいなあ
きびしくないのかなあ
ふつうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人研修

来週は1週間で、htmlとスタイルシートとJavaScriptをやる
朝10時から夕方17時30分まで
昼休憩は1時間、その他随時休憩が入る

みんなちゃんとできるようになるのかな

ぶっちゃけ
HTMLは独学、JavaScriptもCSSも独学なので
他人に習うとか教えるとか
ほげらばりーでやんすが
しかし自分は1995年ごろからHTMLをちくちく読み書きしてきたので
いわばWebアプリの進化とともにありーなので
まあ要するに習得が楽だったり苦労したりなわけですよ
いまはある程度固まってる=初期値が膨大なので
そこらへんはイージーなのかディフィカルトなのかよくわかりません

WWWとは、とか、Webアプリとは、とかの話もやるぜ

そのあと
まちうけてるのは
半分の人はCOBOLなんですが

資料はぱわぽとエクセルで電子でくばってしまって
紙は最小限にしてみる
課題はHTMLが中心
CSSもJavaScriptもかじる程度
JavaScriptははまるしね
できると人はがしがしやってくださいやー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »